抜け毛・薄毛は体の異常、初期状態

抜け毛や薄毛になる体に異常が起きていることが発信されている場合があります。
この合図が発信されている頃にはどんどんAGA(男性型脱毛症)が進行していきますが、早期段階で治療や対策を行うことで、悪化することを防ぐことが出来ます。
AGA(男性型脱毛症)は早い段階で対策をとらなければ、回復までに時間がかかってしまいます。
そうならないようにするためにも、身体に起きている異常を把握しておきましょう。

抜け毛は体の異常が原因かも?

抜け毛の量が明らかにおかしい場合、体の中で何かしらの異常が起きている可能性があります。

ホルモンの分泌量が変化していたり、内臓器官による異常、血行不良や貧血などが関係しているのかもしれません。

内臓器官に異常が現れた場合、肌荒れや発熱、倦怠感、疲労感、立ちくらみ、抜け毛などが現れます。

まず、異常が起きたら一度病院で受診されることをお勧めします。

体の異常の受診先

体に異常を感じた場合、病院で受診されることをお勧めします。

現在起きている異常に合わせた場所での受診が必要になります。

頭皮の痒み(かゆみ)、ふけ、湿疹、皮膚炎、吹き出物などの肌トラブルは『皮膚科』。

風邪、発熱、むくみ、疲労感などは『内科』になります。

精神的ストレスや過去のトラウマが払拭できずにいるなどのメンタル的な部分は『心療内科』。

抜け毛の異常の原因が分からない場合は、皮膚科を受診して、現状を確認してみましょう。

AGA(男性型脱毛症)の初期症状

AGA(男性型脱毛症)の初期症状は抜け毛の量が異常となり、髪の毛にハリがなくなります。

基本的にはこの2つの症状が多く、抜け毛の量が尋常じゃない場合、毛周期の休止期のタイミングで数百本近く抜けることもあるので、必ずAGAとは限りません。

ですが、この抜け毛がAGAによるものなのか、毛周期の休止期のタイミングによるものなのかは自己判断が難しい部分になります。

髪の毛の成長期が短くなることで、成長する前に毛周期の休止期に入りってしまうので、細くハリの無い髪の毛になってしまいます。

事前の対策

抜け毛や薄毛が酷くなる前の対策としては、毎日額や生え際、頭頂部などを確認するようにしましょう。

毎日自分の頭部をチェックすることで、髪の毛が薄くなったと感じた段階でAGA治療を行うことが出来るからです。

また食生活などに気をつけ、栄養バランスの良い食事を心がけるようにしましょう。

偏った食事はAGAの原因にもなってしまいますので、タンパク質やビタミンなど様々な栄養素を摂り入れるようにしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です